HOME > 学校案内
下関歯科技工専門学校
下関歯科技工専門学校外観

下関市貴船町3丁目1番37号
TEL:083-223-4137

モバイルサイトはこちら

充実した内容の講義と実習で信頼される歯科技工士をめざします!

学校案内写真

当校の特長・履修科目・および卒業後の進路

特長

本校を卒業することで厚生労働大臣の行う歯科技工士国家試験の受験資格が得られます。
国家試験に合格すると歯科技工士の免許が与えられます。歯科技工士は病院・診療所・歯科技工所などに勤務するほか、自ら歯科技工所を開設することもできます。
また、本校を卒業し国家資格を取得した後、さらなる技術向上を目指し、専攻科に進学することも可能です。

特色

本校は夜間3ヶ年間の専門学校です。
授業内容は、厚生労働省の定めた教授要綱に基づき行っています。

静かな勉強環境

交通の便がよく、周囲の環境も閑静で、学生の勉学に好適な立地条件にあります。

夜間学校の強み

夜間制の歯科技工専門教育機関は全国に4校(平成30年1月現在)しかありません。
授業は17:00から開始ですので、昼間の時間は自由に使う事ができます。
幅広い年代の人が目標に向かって努力しながら励ましあい、多くの交流を育んでいます。

【学生】 
保護者や経済的援助を受けずに自力で進学したい
短大や大学に通いながら夜間も専門的な知識を習得したい
【社会人】
現在の経済状況を維持したまま就学し次のステップを目指したい
手に職をつけたく、貯蓄を使いながら昼間は歯科技工所で働きたい

就職状況

本校は開設以来1,200名以上の卒業生を世に送り出しています。
卒業後の就職率は100%を誇り、全国各地より求人依頼がある中、各地の病院、診療所、あるいは技工所などに就職し活躍しています。
※2019年度より単位制への移行の為、学習内容が変更となる場合があります。

履修科目

基 礎 分 野 科学的思考の基盤
人間と生活
専門基礎分野 歯科技工と歯科医療
歯・口腔の構造と機能
歯科材料・歯科技工機器と加工技術
専 門 分 野 有床義歯技工学
歯冠修復技工学
矯正歯科技工学
小児歯科技工学
歯科技工実習

募集人員

募集人員 第1学年/22名
修業年限 3ヶ年(夜間)
授業時間 週5日制(月~金) 午後5:00~午後8:35
入学志望資格
  1. 高等学校卒業者(卒業見込みの者を含む)男・女
  2. 前号と同等以上の学力があると認められた者
入学試験 推薦入試・一般入試ともにAO方式

主なる行事

1、2年生は主として基礎技術の修得、3年生は実際に患者から採得した臨床的模型による実習を行い、卒業後直ちに役立つ歯科技工士の養成をはかっております。
※2019年度より単位制への移行の為、年間スケジュールが変更となる場合があります。

行事内容
入学式(4月初旬)
始業式(4月初旬)
前期授業開始
定期健康診断(5月)
球技大会(6月)
前期試験(7月)【3年生】
第1回オープンキャンパス(7月下旬)
夏期休暇(8月)
第2回オープンキャンパス(8月下旬)
前期試験(9月初旬)【1年生、2年生】
球技大会(10月)
後期授業開始(10月初旬)
予餞会(11月初旬、卒業生送別会)
第3回オープンキャンパス(11月中旬)
卒業試験(11月)【3年生】
冬期休暇(12月末~1月初旬)
後期試験(2月)
卒業式(3月初旬)【3年生】
終業式(3月)【1年生、2年生】
春期休暇(3月)